自分に合った白髪染めを見つけよう!白髪染めの選び方のサイトです。

白髪の生え方、価格、使いやすさ、染まりやすさ、原材料などから白髪染めを選ぼう。

染まりやすさで白髪染めを選ぶ

白髪染めといえば、白髪染めを効果的にさっさと手早く終わらせたい方はどのような白髪染めを選ぶべきなのでしょうか?早く終わらせるというのは、白髪を早く黒髪に変えてくれるということと考えると、早く染めたい人はどのタイプの白髪染めを選べば白髪がより速く染まるのかを考えることになります。

白髪染めによって染まり具合が違う

●1回で白髪を黒髪/茶髪に変えることができる白髪染めは?

白髪染めを1回使っただけで、しっかり黒髪に染めることができるのはどのような白髪染めでしょうか?実は、黒髪にすぐに変えられる白髪染めというのはヘアカラーの隣に出るものはいない、といえるかと思います。 ヘアカラーというのは、ドラッグストアなどで手軽に手に入る化学物質を反応させ、過酸化水素水などで脱色をしつつ色を入れるために髪や地肌は痛むものの、色を定着させ、まんべんなくきれいに入れる力は他の白髪染めとは比べものにならないくらい優れています。

●ヘアカラーの次に効果的な白髪染め

ヘアカラーでは地肌や髪に負担がかかること、またアレルギーをお持ちの方は、敏感肌の方は使用できないことがあるなどを考えて、ヘアカラーを使えない方はどのような白髪染めに挑戦すればよいのか、ご紹介したいと思います。 ヘアカラータイプの白髪染めを使用できない方は、ヘアマニキュアタイプの白髪染めをお勧めします!ヘアマニキュアタイプの白髪染めだとなかなか色がつかないこともあるようですが、逆に1回でもしっかり色づくタイプのものがありますので、1回でしっかり色づくものを探してみることが大切なのかもしれません。

●染まりにくい白髪染め

染まりやすい白髪染めがヘアカラーのように、逆に染まりにくい白髪染めというのも存在します。特に、シャンプーやリンスに白髪染め成分が配合されているものは、天然成分で色づくものが多いのですが、白髪を染めるという点で見ると頼もしさはいまいち。何回も行ってやっと白髪が染まるというものが大半のため、染まりやすい白髪染めとは言いにくいかもしれません。 その代りに、地肌や髪を保護してくれるので、髪にツヤやコシがでるといったうれしい点があるのも事実なのですけれどね。

白髪染め選び方

白髪の生え方で白髪染めを選ぶ
価格で白髪染めを選ぶ
使いやすさで白髪染めを選ぶ
染まりやすさで白髪染めを選ぶ
原材料で白髪染めを選ぶ