自分に合った白髪染めを見つけよう!白髪染めの選び方のサイトです。

白髪の生え方、価格、使いやすさ、染まりやすさ、原材料などから白髪染めを選ぼう。

原材料で白髪染めを選ぶ

白髪染めの原料で白髪染めを選ぶとしたら、どんな白髪染めがあるのでしょうか?ここでは、白髪染めの原材料で白髪染めを選びたい方の参考までに、どの白髪染めにはどんな成分が入っているといったことをご紹介していきたいと思います。

●クチナシなどの天然成分で白髪染め

レフィーネ白髪染め

レフィーネ白髪染めはクチナシなどで色を付けるタイプの、白髪染めトリートメントです。 レフィーネ白髪染めに含まれる原材料:リンゴ酸ジイソステアリル、酸化鉄、ポリメタクリル酸メチル、トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2、ミリスチン酸イソプロピル、ジメチコン、タルク、カルナウバロウ、セレシン、水添ヤシ油、酸化チタン、キャンデリラロウ、クチナシ青、クチナシエキス、トコフェロール、ポリエチレン、マイクロクリスタリンワックス、BHT、オタネニンジンエキス、サンザシエキス、タイソウエキス、グレープフルーツ果実エキス、リンゴエキス、オレンジ果汁、レモン果汁、ライム果汁、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、BG、水、水添パーム核油、水添パーム油となっています。

●利尻昆布エキス入り白髪染め

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントの最大の売りは、フコイダンといった昆布エキスが入っていることです。無添加といわれている利尻ヘアカラートリートメントですが、原材料の多さにはびっくりされるのではないでしょうか。 利尻ヘアカラートリートメントに含まれる原材料:特殊水、ベヘニルアルコール、ステアラミドプロピルジメチルアミン、ミリスチルアルコール、パルミチン酸エチルヘキシル、ミツロウ、リシリコンブエキス、ローヤルゼリーエキス、アルギン酸Na、加水分解シルク、加水分解ケラチン、カキタンニン、乳酸、乳酸Na、水添ヤシ油、ローマカミツレ花エキス、ローズマリーエキス、ミリスチン酸、ボタンエキス、プラセンタエキス、フユボダイジュ花エキス、パーシック油、ニンニクエキス、トコフェロール、センブリエキス、セイヨウキズタエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ステアリン酸グリセリル、ゴボウ根エキス、ゲンチアナエキス、カワラヨモギエキス、カミツレエキス、オランダカラシエキス、オドリコソウ花エキス、オタネニンジンエキス、オクラエキス、エタノール、イソペンチルジオール、アルニカ花エキス、アルテア根エキス、PEG-40水添ヒマシ油、オオウメガサソウ葉エキス、ユズエキス、キトサン、塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプン、システイニルプロアントシアニジンオリゴマー、PVP、ヒドロキシエチルセルロース、セテアリルグルコシド、ポリ-γ-グルタミン酸Na、加水分解コンキオリン、水酸化K、BG、ポリクオタニウム-10、フェノキシエタノール、水溶性アナトー、クチナシ青、シコンエキス、ウコンエキス、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール、HC青2、HC黄4、塩基性青99

クチナシ、ウコン、アトナーで白髪染め

ピュアハーバルヘアカラー100

ピュアハーバルヘアカラーでは、クチナシやウコン、アトナーといった天然成分で徐々に色を付けるタイプのヘアカラートリートメントです。 ・ピュアハーバルヘアカラーの原材料:水、セテアリルアルコール、ベヘントリモニウムクロリド、BG、ミリスチン酸イソプロピル、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ステア リン酸グリセリル、クチナシ青、ウコンエキス、水溶性アナトー、アカシアコンシナ果実エキス、アロエベラ葉エキス、ハイビスカス花エキス、トウキンセンカ エキス、加水分解ヒヨコマメ種子エキス、オレンジ油、ジアルキル(C12-18)ジモニウムクロリド、フェノキシエタノール、(+/-)HC青2、HC黄 4、2-ヒドロキシプロピル-3-ニトロフェノール、塩基性青99、塩基性茶16

白髪染め選び方

白髪の生え方で白髪染めを選ぶ
価格で白髪染めを選ぶ
使いやすさで白髪染めを選ぶ
染まりやすさで白髪染めを選ぶ
原材料で白髪染めを選ぶ